おいしく作る簡単カルボナーラ

家で作る、簡単カルボナーラを紹介したいと思います。
カルボナーラと聞くと、難しそうな印象を受けると思うのですが、難しいのは玉子の黄身が固まるからなのです。
黄身が固まらないようにするには、火にかけないことなのです。

まずは、ベーコンを1センチほどに切ってこんがりと炒めます。
ベーコンには味が付いていますが、少しだけ塩コショウをしておきます。
さらに、ニンニクを入れて食欲を沸かせるようにします。
焼きあがったら、ボールに入れて置いておきます。

ボールには、生クリーム100CCと黒コショウを入れて粉チーズを入れておきます。
出来るだけ多くの粉チーズを入れることで、美味しさがUPします。
そこに、玉子の黄身だけを入れて、良くかき混ぜておきます。

下準備はこれで終了です。
パスタを茹でてベーコンを炒めたフライパンで、オリーブオイルを入れてパスタを炒めます。
味付けに、バターを入れてコクを出します。
絡まると、すぐに用意しているボールに絡めて終了です。
黄身を火にかけないことで、固まることを防いで、さらに味も均一に絡めることができます。

お皿に盛った後は、黒コショウをふりかけて出来上がりです。
材料が少なくても出来る、簡単カルボナーラを是非試していて欲しいですね。

This entry was posted in 日記.

まとめてみるドラマの面白さ

春の足音は確実に近づいていると思うけど、桜の蕾はまだまだ固く、時折吹く風にも真冬の冷たさを感じてしまう今日この頃、夫が朝から外出ということで、久し振りに自分の時間を持つことができましたぁ。とは言っても、取り立ててやりたいことがあるわけでもないので、見逃したテレビドラマをまとめて観ることにしました。
最初は、『ラギッド!』の前篇を観てみました。たいして期待していなかったのですが、これが意外と面白かったです!10歳の女の子と60歳を超えた人生のベテランたちが一致協力して巨悪に挑む姿を描いた作品なのですが、主演の芦田愛菜ちゃんの10歳とは思えない見事な演技と、周りを固めたベテラン俳優たちの確かなそれが、コメディー的要素を随所に織り交ぜたストーリーに上手く嵌っていて、とても愉しかったです!
次は、『破門 疫病神シリーズ』の第六話でした。北村一輝さんのヤクザ役、言うことありませんね!あんなヤクザがいたら、私も即、惚れてしまうだろうと思います。濱田岳さんも、二宮役にピッタリと嵌っていると思います。大阪弁で繰り広げられる丁々発止の会話は、リズム感があっていいですね。今後の展開が非常に楽しみなドラマですね!
最後に、『徒歩7分』の第7話を観ました。こちらは毎回、禅問答のような展開ですが、日曜日のまったりとした時間に観るにはピッタリなドラマではありますね。
というわけで、「鬼の居ぬ間に洗濯」ではないけれども、私なりのリフレッシュができた午後でした。

This entry was posted in 日記.